有酸素運動と筋トレ、ダイエットで痩せやすいのはどっち?

ジムやフィットネスクラブでのダイエットとしては大きく2種類の方法があります。

1つはトレッドミル(ランニングマシーン)やエアロバイクなどを使った有酸素運動。

もう一つは、マシンやバーベル・ダンベルを用いたウエイトトレーニング。

せっかくお金と時間、労力を投資するなら効果的に痩せる方をやりたいですよね。

そこで、今回の記事では有酸素運動と筋トレを比較し、どちらがあなたにとって痩せやすい方法なのかをご紹介いたします。

有酸素運動の特徴

1回のトレーニングにかかる時間 最低でも30分以上。長時間やればやるほど消費カロリーが増える。
しんどさ 心肺系に効く。呼吸がしんどくなることが多い。
難易度 比較的簡単
人気度 老若男女問わず人気がある。
即効性 運動時間・負荷がそのまま消費カロリーに直結する。
持続性 運動している最中のみカロリーを消費する。

ランニングマシーンやエアロバイクなどを代表とする有酸素運動のメリットは、なんといっても即効性が高いことです。

やればやるだけカロリーを消費するので、1回のトレーニングでガッツリやりこめばその分だけダイエットに効果的といえるでしょう。(負荷をかければかけるほど効果的です)

また、走ったり、自転車を漕いだりという動きは日常生活でも親しんでいる動きですので、比較的トライしやすいので、初心者にも取り組みやすいですね。

デメリットとしては、最低でも30分以上、できれば1時間以上をトレーニングに費やす必要があることと、トレーニングをした時しかカロリーを消費しない点です。

仕事などで忙しい人が、定期的に1時間ほどの時間を確保するのは難しく、週1回だけしか取り組めない場合は、かなり走り込まなければダイエットの効果が期待できません。

ジムによってはマシンの利用時間を30分に制限しているところもあるので、なかなか理想とするトレーニングができないのが悩みどころです。

また、有酸素運動は基礎代謝を向上させるものではなく、呼吸によってカロリーを消費するのがメインのトレーニングですので、運動している時しかカロリーを消費しません。

なので、少しサボるとすぐに元通りに戻ってしまいます。

このように、有酸素運動の特徴としては、即効性があって取り組みやすい代わりに、時間の確保が難しく、体型維持が難しいことが考えられます。

筋トレの特徴

1回のトレーニングにかかる時間  長くても1時間以内が理想(長時間だと効果が落ちやすい)
しんどさ  筋肉に効く。力尽きるように果てる。翌日は筋肉痛。
難易度 専門のトレーナーに基礎知識は教わる必要がある。
人気度  一定の層に人気がある。外国人をよく見かける。
即効性  基礎代謝を上げるので、即効性はあまりない。
持続性  基礎代謝が上がるので、常にカロリーを消費し続ける体質になる。

筋トレのメリットはなんといっても、基礎代謝が上がることで痩せやすい体質になれることと、1回のトレーニングの所要時間が短くて済むことです。

基礎代謝とは、寝ていてもじっとしていても消費するカロリーのことで、基礎代謝が上がれば生きているだけでカロリーを消費する量が増えるので、痩せやすい体質になり、リバウンドしにくくなります。

基礎代謝を向上させられるのは人体においては筋肉だけで、筋トレをすれば筋肉の仕事量が増えて基礎代謝を向上させることができ、結果として痩せやすい体質になります。

また、筋トレはダラダラと長時間やるよりは、短時間で力を出し切る方が効果が出やすいので、しっかりとやり込めば30分の隙間時間でトレーニングを終えることができます。
(むしろ長時間・高回数できるような筋トレは負荷が軽すぎます)

筋トレのデメリットは、正しいフォームでトレーニングをしないと、効かないことと即効性がないところです。

筋トレで最も重要なのはフォームといわれており、フォームが崩れると効果が落ちるどころかケガをしてしまいます。(私も腰痛持ちです)

また、有酸素運動と違って、筋トレは運動後にじわじわとカロリーを消費するので、「今日は1時間筋トレしたから1kg痩せる!」みたいなことは期待できません。

あくまでも、ジワジワと痩せやすい体質を作るのが筋トレの得意分野なのです。

結論

ダイエットを目的とするのであれば、両方取り組むべきと考えます。

なぜなら、即効性が期待できる有酸素運動と、痩せやすい体質を作る筋トレをミックスすれば短期間で痩せるだけでなく、リバウンドしにくい体を作ることができるからです。

せっかく頑張って痩せてもリバウンドしたらガッカリしますもんね。

結婚式までに絶対に痩せなければいけない、という場合などは有酸素運動がメインでいいと思いますが、ジムに通い続けてプロポーションを良くするのであれば、有酸素運動と筋トレの両方をやった方が効果的です。

とはいえ、筋トレは敷居が高いので、取り組みづらい部分もあるかと思います。

そんな時は、トレーナーさんに教えてもらったり、YouTubeでトレーニング方法を見ておくといいでしょう。

また、バーベルやダンベルを使わなくても、自重の腕立て伏せなどでもある程度の効果が見込めます。

一つのやり方にこだわらずいろんな方法を試してみるようにしてくださいね!

それではまた!

痩せるためには筋トレや有酸素運動を頑張るのも大事です。

しかし、痩せるためには、1週間で35回摂取する食事の質を見直すことが大切です。

食事の質を見直して改善するには、マルチビタミンのサプリメントを積極的に取ると、筋トレや有酸素運動の効果を最大化できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする