筋トレをすると風邪をひきやすくなる!?対策とリカバリー法を紹介!

風邪をひいている時は運動していいの?

季節の変わり目や冬の寒い時期には、誰だって風邪をひいたり、体調を崩してしまうものです。

「さあ!今日も頑張ってトレーニングするぞ!」と意気込んでも、イマイチ体調がすぐれないときもあるでしょう。

そんな時は、基本的には安静にして体を休めるのがベターです。

しかし、ジム通いにハマっている人は「今日休むと取り返すのが大変になる!」と無茶をしてしまいがちです。

そこで、今回の記事では、風邪をひいたり体調が悪い時にトレーニングをしてよいのか?また、どれくらいのトレーニングだとOKなのか?ということを紹介します。

ジム通いをしている人は、実は風邪をひきやすい!?

まず、大前提としてジムで筋トレやエクササイズを定期的にしている人は、何もしていない人よりも風邪をひきやすい傾向にあります。

「え?日ごろから運動してる人のほうが健康レベルは高いんじゃないの?」と思われるかもしれませんね。

確かに、日ごろから運動している人のほうがトータルでの健康レベルは高いですし、基本的には病気に強いはずです。

しかし、トレーニングやエクササイズは、ある程度体をいじめることになりますので、トレーニングの直後などは免疫力が低下してしまいます。

トレーニング後に、適切な休養をとることで、免疫力を強めることができるのです。

しかし、トレーニング直後の免疫力が弱っている時に、風邪の菌やウイルスに曝されてしまうと、体調を崩しやすくなってしまいます。

つまり、トレーニング直後の免疫力が弱っている時こそが、最も注意が必要な瞬間なのです。

ちなみに、私もジムで筋トレをするようになってから、1年に2回は風邪をひくようになりました…

トレーニング好きの風邪対策は?

では、トレーニングが習慣化している人ほど、風邪をひきやすいことが分かった上で、どのような対策やリカバリーを施せばよいのでしょうか?

風邪対策①うがい・手洗い

子供のころから口酸っぱく言われているかもしれませんが、やはりうがい・手洗いはとても効果的です。

風邪の菌は乾燥していると繁殖しやすいので、喉などの粘膜を常に湿らせておくと、風邪菌の繁殖を抑制することができます。

また、手洗い・うがいで付着している風邪菌を洗い落とすのも良いでしょう。

やはり、おばあちゃんの知恵袋(?)は偉大なのです。

対策②グルタミンを取る

グルタミンとは、必須アミノ酸の一つです。

グルタミンは、免疫細胞のエネルギー源でもあることから、免疫力向上に貢献する働きがあります。

また、グリコーゲンというエネルギー源の合成を促進する効果もあるため、疲労回復にも効果的で、弱った体をすぐに回復させることができます。

グルタミンはサプリメントとしても販売されており、筋肉の分解を抑制する意味でも、トレーニング前に飲むのが効果的です。

アマゾンで一番人気のグルタミンサプリメントはこれ!

対策③亜鉛を取る

亜鉛はミネラルの一種で、肉や牡蠣、ナッツ類に多く含まれています。

亜鉛には、粘膜を保護する働きがあることに加え、代謝の活性化や、抗酸化作用など様々な効果があるミネラルです。

特にアメリカなどサプリメント文化の国では、風邪の引きはじめには亜鉛のサプリメントを取る人もいるほどです。

亜鉛はサプリメントからも接種できますが、やはり食事から摂取するのが理想的です。

風邪をひきそうになったら、奮発して牛肉料理などを食べてみるのも良いでしょう。

休んだらリカバリーが大変?

いくら予防に気を使ってても、風邪を引くときは引いてしまうのが人間です。

では、風邪をひいたときはトレーニングやリカバリーについてはどのように考えればよいのでしょうか?

①基本的にはトレーニングはお休み

体調の悪化具合にもよりますが、基本的には体調がすぐれないときは、安静第一です。

少しの体調不良でもトレーニングをお休みして、休養に充てるべきです。

そもそも、免疫が弱っている状態でさらにトレーニングに励んで免疫力を弱めてしまえば、風邪が長引きますし、何よりもトレーニングの効果も上がりません。

そこまで病状が悪くなければ、軽度の運動であればよいのかもしれませんが、軽度の運動をして誤魔化すくらいなら、思い切って休んでしまう方が良いでしょう。

②リカバリーはそんなに時間はかからない?

風邪が感知してトレーニングに復帰する際は、どれくらいの期間で元のレベルに戻れるのか心配になるかもしれませんね。

休んだ期間と病状にもよるかもしれませんが、基本的には2,3回ほど元の80%ほどの負荷でトレーニングをして体を慣らしてしまえば、元通りのレベルでトレーニングができるようになると思います。

体重などは大きく変化しているかもしれませんが、数週間ほどいつもどおりジムに通えば、体形・体調も元通りになるでしょう。

結論

ジム通いをはじめて、運動が習慣化してくると、風邪をひくという落とし穴が待っています。

そんな時に焦って復帰を急ぐのではなく、しっかり休めるチャンスととらえて、体と心を休めましょう。

回復してジムに復帰するころには、よりレベルアップしたトレーニングができるようになるはずです。

また、風邪を予防するためにいろいろな知識を身に着けることや、対策を実践すること自体が素晴らしいことです。

ぜひ、風邪に気を付けながら楽しくジム通いを続けましょう。

今回はここまで!それではまた!

記事内でも紹介しましたが、風邪の予防にはグルタミンや亜鉛のサプリメントがとても効果的です。

食事から摂取するのが理想的ですが、なかなか栄養素まで考えて食事を意識してコントロールするのは難しいです。

どうしても栄養を見直したい人はサプリメントをしっかりと取るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする