実際に飲んでみた!DNSプロテインホエイ100

DNSプロテインホエイ100の成分とその特徴

DNSプロテインホエイ100はスポーツウェアメーカーのアンダーアーマーとパートナー関係にある、ドームというサプリメントメーカーから発売されているプロテインです。

主成分は乳清(ホエイ)で、ニュージーランド産の生乳から作られています。

DNSのホエイ100は「アスリートの米」というキャッチコピー通り、パフォーマンスアップを目指すアスリート向けの成分構成になっています。

スタンダードな「カフェオレ味」で例を挙げてみると、1食(33g)あたりのタンパク質25.0gでタンパク質含有率は約75%と他のプロテインと比較してもややタンパク質含有量は多めになっています。

脂質は1.9gですが味によって違いがあり、レモン風味では0.1gとかなり低くなっているので、成分表を見て目的に応じて飲む味を変えるのも良いでしょう。

全体的に炭水化物含有量は少なく、味によってのカロリーは極端な違いはないので、安心してダイエット・筋力アップ様々な目的で飲むことができる品質の高さが大きなメリットです。

ちなみに、私は8種類ほど飲み比べてみましたが、個人的にはカフェオレ味が素朴な飲み口で好みでした。

DNSプロテインホエイ100はどこで買えるの?値段は?

「プロテインホエイ100」は、あまりドラッグストアなどでは見かけられず、スポーツオーソリティやゼビオなどのスポーツショップなどでよく販売されています。

また、DNSの公式オンラインショップやamazonなどの通販サイトでも購入できます。

値段は350gで税込1,944円、1,000gで税込4,860円、3000gで13608円と他のプロテインと比較すると、少々割高です。

スプーンが大きく、1食あたり33gと多いため、1000gでも30食でなくなってしまうため、1食あたりの価格でも他のプロテインと比較しても割高です。

Amazonの定期便に申し込むと、1000gが4,374円で購入できるので、なるべくネット通販での購入を検討したほうが良いでしょう。(ただし2か月に1回の配送になるので、ガシガシ飲む人には物足りないでしょう)

実際に飲んでみた感想(カフェオレ味)

通常のホエイのプロテインは牛乳で割ると、まろやかになって飲みやすくなりますが、タンパク質含有量が高いともっさりともたれがちです。

しかし、ホエイ100は水に溶けやすいように配合がよく調整されており、ダマにもならず、サッと水にすぐに溶けてくれます。

風味は人気のチョコレート味やバナナ味などバラエティに富んだ8種類、数量限定商品やシーズンによって「焼き芋味」「ソーダ味」などの限定商品も時々出ています。

私が好きなカフェオレ味は、濃厚というよりは、素朴なコーヒー牛乳のような味で、お風呂上りにはちょうど良い甘さでした。

また、レモン味は他の風味と違ってスポーツドリンクのように、爽やかな飲み口なので、通常のプロテインに飲み飽きた場合に変化を付ける時などには良いでしょう。

風味は全体的に甘めの商品が多く、後味がまったりしていますが、不味い味はないので、基本的にどれを飲んでも「当たり」といえます。

総評

  • 味★★★★
  • 価格★★
  • 成分★★★★★
  • 入手しやすさ★★★

DNSプロテインホエイ100はタンパク質含有量は多く、それなりに高スペックなプロテインですが、やはり値段が高いです。

常飲するには少々高いので、部活などで支給される人以外は、ネットショップで安く買いつつ、サブで使うのが良いと思います。

味については、基本的にどれも当たりで美味しいので、好きな味を買えば、後悔することなく飲み切れるでしょう。

値段は高いですが、市販のプロテインの中では品質・スペックについては文句なしなので、多少お金に余裕がある人や、ストイックに体を鍛え上げたい人にはオススメできる商品といえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする