実は優れモノ!フィッシュオイルは筋トレ効果をアップさせる?

青魚に含まれるフィッシュオイル

ジム通いを続けて、筋トレやダイエットに励んでいる人は、プロテインやマルチビタミンなどを良く摂取しています。

しかし、それだけ栄養に気を付けている人でも不足しがちな栄養素があります。

それが、青魚に含まれるフィッシュオイルです。

フィッシュオイルは、メジャーなサプリメントとはいえませんが、その健康効果は抜群で筋トレやダイエットに励んでいる人こそ積極的に摂取すべき栄養素です。

そこで今回の記事では、フィッシュオイルがなぜ筋トレやダイエットに効くのか、また、摂取の際の注意点についてご紹介します。

フィッシュオイルは健康だけじゃなくてトレーニングをする人にも効果的?

フィッシュオイルは、その名のとおり、青魚に含まれる脂です。

そして、フィッシュオイルの中には、オメガ3系の脂肪酸が含まれています。
(この辺の細かい名称は忘れてもらって結構ですよ!)

これらの脂肪酸は、血小板の働きを抑え血液をサラサラをにする効果と、血液中の中性脂肪を減少させる効果があります。

このため、動脈硬化や高血圧などの血管や脳の神経系など身体の様々な部位に有用です。

実際にEPAやDHAを組み合わせた動脈硬化の医薬品があるなど、実はそれだけで健康効果に期待できるほどの優れものなのです。

しかし、フィッシュオイル血液をサラサラにするなどの健康効果があるのは良く知られていますが、なぜ筋トレやダイエットにも効果的といわれているのでしょうか?

トレーニーやダイエッター目線でのメリットについてご紹介しましょう。

フィッシュオイルのメリット①筋肉の溶解を防ぐ

オメガ3は、体内でDHAやEPAといった不飽和脂肪酸に分解されます。

DHA・EPAは、脂質代謝の異常を改善するだけなく、減量による筋肉の分解を防ぐ効果があります。

筋肉が分解されてしまうと、筋力が落ちてしまうのはもちろん、基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくくなってしまいます。

しかし、フィッシュオイルを摂ることで、筋肉の分解を防げるため、体を引き締めながら筋肉増強を目指したい人におすすめです。

フィッシュオイルの健康効果②成長ホルモンを分泌するため筋力アップにも効く

フィッシュオイルは、他にも成長ホルモンの分泌も促してくれる効果があります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、筋肉や骨の成長、脂肪燃焼などに欠かすことができません。

しかし、成長ホルモンは加齢と共に減少していきます。

年を取ると年々痩せにくくなるのは、成長ホルモンが減少し代謝が落ちるからです。

成長ホルモンは、筋トレのような強い刺激により損傷した肌肉を修復するためにも必要なホルモンです。

有酸素運動の後に筋トレを行った場合も、成長ホルモンの分泌量は少なくなります。

しかし、フィッシュオイルをしっかりと摂ることで、成長ホルモンの分泌が促されるために、筋肉を育てることができ、減量や筋力アップに役立てることができるのです。

フィッシュオイルを摂取するには?

DHAやEPAは、体内で合成することができない栄養素なので、食事から摂取するには、青魚から摂取するしかありません。

筋トレをしていない人でも、DHA・EPAは1日に2.2g摂取した方が良いと言われています。

鯖100gにHDAとEPAは約3.3g含有していますが、加熱することによって脂が流れてしまうこともあるので、生に近い調理方法で食べるのがオススメです。

しかし、仕事や学業で忙しい人などは、定期的に魚料理を食べるには、食事にそうとう注意しなくてはいけないですし、そもそも青魚が苦手で食べられない人もいるでしょう。

やはり継続的にオメガ脂肪酸を摂取するためには、フィッシュオイルのサプリメントを活用するべきでしょう。

フィッシュオイルは、食事と一緒に摂取することで、ダイエット効果とカタボリック防止を狙うことができます。

また、食事と食事の間が空き過ぎると、筋肉の分解が進んでしまう恐れがありますので、間食時に摂取するのもおすすめです。

海外製品だと、粒が大き過ぎる場合がありますが、比較的安く手に入りやすいサプリメントです。

DHA・EPAの含有量が多いタイプを選ぶと、効果が出やすいでしょう。

フィッシュオイルを摂取するときの注意点は?

①臭いが生臭い

フィッシュオイルは、カプセルの中に液状の脂が封入されているタイプのものがほとんどです。

そのため、飲み込んだ後に、青魚特有の生臭いにおいが位の中かから立ち込めます。

このにおいが苦手な人もいるでしょうし、飲みすぎると吐息が魚臭くなってしまいます。

また、飲みすぎると具合が悪くなることもあるので、においの面でも体調面でも飲みすぎ注意なサプリメントです。

②時間がたつと劣化する

フィッシュオイルはカプセルの中に、液状の脂肪酸が入っており、時間がたつと脂が酸化してしまいます。

フィッシュオイルは酸化しやすい性質があり、酸化すると動脈硬化の原因になったり、体の酸化を促したりと、逆効果になってしまいます。

また、古くなったフィッシュオイルを飲むと、お腹をこわしてしまうので、なるべく買ってから早めに飲み切るようにしましょう。

また、買ってから時間がたったフィッシュオイルは思い切って捨てたほうが良いでしょう。

③できるだけプロテインといっしょに摂ろう

フィッシュオイルを摂ると、成長ホルモンを分泌できる、といいましたが、成長ホルモン自体は、たんぱく質でできています。

フィッシュオイルを摂取しただけでは、成長ホルモンをしっかり分泌させることはできません。

筋トレ後にプロテインとフィッシュオイルを摂取することで、DHA・EPAの働きで成長ホルモンの分泌が促進されるのです。

なので、自宅でプロテインを飲むときや食事の時にフィッシュオイルを飲むようにすると、より効果的に筋力アップや減量を実現できるでしょう。

まとめ

健康効果があるだけでなく、筋トレやダイエットにも効果的なフィッシュオイル。

トレーニーだけでなく、食生活が不規則になりがちな一般の人でも積極的に摂るべき栄養素です。

しかし、その独特の臭いや酸化の速さなど、扱いが難しいサプリメントでもあります。

そのため、サプリメントを購入する際は、安さよりも絶対に品質を重視するべきです。

信頼できるサプリメントメーカーから販売されているフィッシュオイルを購入すれば、安心して飲むことができるでしょう。

特に、ディアナチュラやネイチャーメイドなどは、国産の老舗サプリメントなので、安心して飲むことができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする