ヤバい!ジム行くのサボっちゃった!何日くらいならリカバリー可能?

ヤバい!ジム行くのサボっちゃった!何日くらいならリカバリー可能?

ジム通いしていると、急にジム熱が冷めて行きたくなくなったり、仕事が忙しくてジムに行けなかったり、体調を崩してしばらくいけなくなったりすることがあります。

そんなことが続いたら、もしかしたら、あなたはきっとこんな風に感じるかもしれませんね。

「あぁ…本当はジムに行かなきゃいけないのに、またサボってしまった。私ってなんてダメなんだろう…」と。

確かに、運動する習慣をつけて、ジムに通い続けるのは理想的ですが、いろんな事情があって、足が遠のいてしまうことはあるものです。

そこで、今回の記事では、ジムをどれだけサボっていいのか?サボったとしてどれくらいならリカバリー可能なのかをご紹介いたします。

筋トレのおサボりは割と簡単にリカバリー可能!

ジムに通う人は、有酸素運動がメインの方と筋トレがメインの方の二つに大きく分かれますが、筋トレのおサボりは割と問題はありません。

というのも、筋トレの目的は基礎代謝を高めることで痩せやすい体質を作ることなので、多少筋トレをサボったところで基礎代謝が急にガクッと落ちることはないからです。

筋トレは即効性こそないのですが、ジワジワと効いてくるものなので、ある程度筋トレが習慣化している人なら、数週間(1か月程度)は休んでも、大きく体形が崩れたりはしないでしょう。

むしろ、いい感じに体を休ませることで記録が伸びたり、より効果的なトレーニングができるようになることもあるくらいです。

また、筋肉にはマッスルメモリーというものがあります。

マッスルメモリーとは、しばらく筋トレをしない期間が続いても、感覚や体の使い方を体が覚えているので、短期間でリカバリーができる、という人間にごく自然に備わっている機能です。
(学生時代に部活をしていた時の動きを大人になってもできるのは、体が覚えているからです)

よって、筋トレは数週間サボったとしても、少し体をなじませてしまえば割と短期間で元のレベルまで戻すことができます。

ダイエット目的でも筋力アップが目的でも、筋トレのおサボりについては1か月程度であれば、そこまで問題視しなくても大丈夫といえるでしょう。

有酸素運動のおサボりはなるべく早めにリカバリーが必要

一方で、ランニングマシーンやエアロバイクなどの有酸素運動メインでジムを使っていた人の場合、特にダイエット目的の場合は、長期間のおサボりはちょっとマズいです。

筋トレと違って有酸素運動は、脂肪燃焼については即効性があるのですが、有酸素運動をしている最中しか脂肪を燃やしてくれません。

つまり、サボればサボっただけ、脂肪がついてしまうのです。

これをリカバリーするには、サボった分以上に走り込みや食事制限をしっかりとしないと元に戻せません。

サボればサボった分だけ、後でシンドい思いをしてリカバリーしなくてはいけないのです。

こうした理由があるので、有酸素運動だけをしている人はリバウンドしやすいのです。

なので、普段から有酸素運動だけでなく、筋トレも並行して行うようにして、おサボりの影響を小さくするようにすると良いでしょう。

仮にもしサボるにしても、なるべく1,2週間ほどで復帰するように自分を戒めていきましょう。

なお、ダイエット目的でなく、コンディショニング的な目的で有酸素運動を行っていた場合は、多少サボっても大きく記録が落ちることはないですし、いい感じに体を休ませることでリフレッシュできることもあるでしょう。

自分のおサボりを許してあげよう

結論から言うと、間隔を空けずに、なるべく定期的にジムに通って運動する習慣を途切れさせないことが一番ベストであることは間違いありません。

とはいえ、仕事や様々な理由でジムに行けない時期というのは誰にでもあるものです。

まじめな人ほど、サボった時に「私ってなんてダメなんだろう」とか「私って意志が弱いなぁ」と自分を責めてしまいがちです。

しかし、そんな時は自分を責めるのではなく、「ま!たまにはおサボりしたっていいじゃない。人間だもの」と、自分のおサボりを許してあげるべきです。

自分のおサボりを許容できる人は、割と早く復帰しやすいので、結果としてジム通いを継続させやすいのです。

また、ある程度サボることを計算してプランを作るのも良いでしょうし、ジムのトレーナーさんにプランを作ってもらったり、友達と一緒に通うようにするなど、いろんな方法でジム通いを継続させることができます。

工夫次第で、おサボりを長期化させずに済ませることができるので、ぜひ上手くプランを立ててみてくださいね。

今回はここまで!それではまた!

これからジム通いを始める人にとっては、一人だけでジムに通い続けるのは心細いですし、ジム通いをちゃんと続けられるか不安に思う方もいるでしょう。

そんな方には、多少お金がかかっても、ライザップなどのパーソナルジムで短期間で体を仕上げて、トレーニングをする習慣をつくってもらうのがベストな選択の一つです。

問い合わせだけなら無料ですし、一度トレーナーさんに相談してみてから通うか判断してみれば良いでしょう。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする