筋トレで体を大きくするなら絶対に摂るべきサプリメントベスト5

筋トレで体を大きくするにはサプリメントが必須!

ジム通いをしている人の多くは、ダイエット・減量や健康維持が目的です。

しかし、中には「細すぎる体を大きくしたい」と考えて、これからジム通いを始めようとしている人も、このWebサイトをご覧になっているかもしれませんね。

また、ラグビーや野球など、体重がパフォーマンスを左右する競技をしている方も、ジムで鍛えて大きくすることを目的にするでしょう。

これらのように、体を鍛えて大きくするには、もちろんウエイトトレーニングをはじめとする筋トレをするべきです。

しかし、ただやみくもに筋トレでバーベルやダンベルを持ち上げても効率的・効果的に筋肉がつくわけではありません。

極論を言えば、筋トレは筋肉を傷つける行為です。

傷ついた筋肉が修復する過程で、筋肉は大きく育つのです。

そして、傷ついた筋肉を修復して、より大きな筋肉を付けるには、体の材料である栄養素が不足してはいけません。

理想を言えば、食事だけで必要な栄養を摂取できれば良いです。

しかし、仕事や学業で忙しくて満足な食事が摂れなかったり、自炊が苦手で栄養不足な食事になってしまう方もいるでしょう。

そんな方は、サプリメントを上手く使うことで、必要な栄養素を摂取することができます。

そこで、今回の記事では筋トレで体を大きくするのに効果的なサプリメントベスト5を紹介します。

筋トレで体を大きくするのに必要なサプリメントベスト5

5位 マルチビタミン

筋トレに必要な栄養素の5位はマルチビタミンです。

筋トレの基本は、負荷の高いトレーニングをしっかりとすること、リカバリーのために栄養豊富な食事をとることです。

トレーニングをしっかりせず、食事もいい加減な場合は、サプリを飲んでもあまり効果が期待できません。

特にトレーニング後の食事は充実させましょう。

食事をして食材から栄養をエネルギーに変えるためには、ビタミンが必要です。

そして、一粒で必要なビタミンやミネラルを摂取できるマルチビタミンは理想的なサプリメントの一つです。

マルチビタミンを飲めば代謝が上がり、食事による栄養補給の効率がアップしますし、体のリカバリーがうまくいくので、疲労から早く回復できるので頻度を落とすことなくトレーニングに取り組めます。

また、ビタミンをしっかり摂れば風邪をひいて体調不良に陥ることも減るので、トレーニングに穴をあけることが減るのもメリットの一つです。

4位 BCAA

4位はBCAAです。

BCAAは必須アミノ酸のバリン・ロイシン・イソロイシンをまとめた栄養素で、筋肉の分解を防ぎ、疲労回復を早める効果が期待できます。

マルチビタミンと同じく、BCAAを摂ることで疲労からの回復が早まれば、トレーニングの頻度も強度も高くできるので、効果的に筋トレに励むことができます。

また、BCAAはアミノ酸なので、プロテインよりも消化吸収が早いですし、HMBよりも安価で入手することができる、使い勝手の良いサプリです。

特に筋トレをした直後30分間の「ゴールデンタイム」の間に飲みたいサプリです。

BCAAは飲んだ時と飲まなかった時で、変化を感じやすいサプリメントの一つといえるでしょう。

BCAAはできれば1日で15g~30gほど摂るようにしたい栄養素です。

サプリメントの量にしては少々多いですが、質の高いトレーニングを継続するためにもBCAAは欠かさず摂るようにしましょう。

3位 HMB

3位は話題のサプリメントでもあるHMBです。

必須アミノ酸BCAAの中のロイシンから抽出されたサプリメントで、筋肉を修復する効果が期待できます。

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、筋トレの本場と言える全米ではすでにメジャーなサプリとして人気があります。

ハードなトレーニングをするほどケガをするリスクが上がります。

HMBを飲んでトレーニングをすれば、筋肉の修復が速やかに行われるので、ケガをする確立を下げることができます。

ケガをしてトレーニングに穴をあけると、せっかく鍛えた筋肉も衰えてしまいます。

トレーニングの頻度を守るためにも、HMBをしっかり摂ってけがを予防するのが大事です。

ちなみに、最近HMBサプリメントの広告を良く見かけますが、どの広告も「マッチョになれる」「筋肉がつく」といった触れ込みの宣伝です。

しかし、あくまでも疲労回復やケガ予防を主眼に置いたサプリメントなので、誤った認識で摂らないようにしましょう。

HMBは1日当たりの摂取量としては、多くても1日3gほどで十分です。

むしろ、摂りすぎると筋量が減ってしまう可能性も示唆されているので、摂りすぎは要注意です。

2位 クレアチン

筋トレ時に飲みたいサプリの2位はクレアチンです。

クレアチンは筋肉と脳を活性化させ、高いパフォーマンスを発揮させたい時に飲みたいサプリです。

クレアチンをトレーニング前に飲むと、いつもよりも疲労を感じにくくなるため、トレーニングでもしっかりと限界まで体を追い込むことができます。

例えばベンチプレスで大台となる100kg越えを目指している人がクレアチンを飲むと、これまで越えられなかった壁を超えられるかもしれません。

筋トレにおいては、もちろん体の材料である栄養素を摂ることも大事ですが、しっかりと毎回のトレーニングで限界を超えるまで自分を追い込むことも大事です。

「トレーニングの質を高める」という意味では、絶対に欠かすことのできないサプリメントといえるでしょう。

クレアチンはトレーニング前に飲むべきサプリメントで、毎日3~5gほどを摂るようにすると良いでしょう。

1位 ホエイプロテイン

筋トレをする時に飲みたいサプリの1位は、当然ですね、プロテインです。

筋肉が何で作られているかといえば、タンパク質と水から作られています。

筋トレをして筋肥大を狙っている人は、タンパク質を豊富に含む食材を食べる必要があります。

例えば鶏のささ身肉や胸肉は、低カロリーでタンパク質が豊富ですのでトレーニング後の食事の材料にぴったりです。

さらにホエイプロテインなら、純粋なタンパク質が豊富に含まれていますし、水や牛乳、豆乳と混ぜて飲むだけなので簡単でおすすめです。

また、ホエイプロテインは、ソイプロテインやカゼインプロテインなどと比較すると、吸収が早いので、トレーニング後の30分間のゴールデンタイムに飲めば、速やかに補給されて筋肉の素になってくれます。

トレーニングの直後や、眠る前に「今日はちょっとタンパク質の摂取が足りなかったな」などと思った時に飲むようにしましょう。

筋力アップが目的なら、1日に最低でも体重×1.5~2(g)のタンパク質量を摂るようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、筋トレをする時に絶対に飲むべきサプリメントを5つ紹介しました。

どれも体を大きくするには必須の栄養素ですし、できれば全て飲むべきですが、全て揃えると、毎月1万円ほどのコストがかかってしまいます。

万人に共通して必要なのはプロテインくらいなので、まずは基本のプロテインから飲み始め、必要だと思うサプリを飲むようにしていくといいでしょう。

自分の体と相談して、自分に合ったサプリメントの組み合わせを見つけていきましょう。

筋トレのケガ予防にはHMBが大事といいましたが、今やHMBは大人気のサプリメントの一つで、いろいろなメーカーがいろんなサプリメントを販売しています。

しかし、先にも申し上げたように、HMBは摂りすぎると逆効果になるため、摂りすぎも摂らなすぎもNGなデリケートなサプリメントです。

その点、1回あたりの摂取で必要十分な量のHMBを摂取できるバルクアップHMBプロ
がオススメです。

このサプリメントは5粒で2gのHMBが摂取できるので、HMB不足にもHMB過多にもならないので、適量を摂取でき、効率的に体のリカバリーができます。

しっかりとトレーニングを継続して体を大きくしたい方は3か月プランでは初回500円で購入できるので、定価で買わずにまずはお試しで買ってみるべきです。

体に合わなければ翌月以降はキャンセルすればよいので、気軽に試せるのもオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする