プロテインは肝臓に負担をかける?実は間違っていると言える理由

プロテインは肝臓に悪い?

筋トレ=プロテインといっても過言ではないくらい、筋トレとプロテインは切っても切れない関係にあります。

筋トレを始めるとすぐに、効率的に筋肉をつけるためプロテインを飲み始める人が増えます。

飲み始めてみると、確かに筋トレ効果が表れやすくなり、筋肉が大きくなっていくのを実感できると思います。

しかし、その一方で「プロテインを飲むと肝臓に悪い」という記事を読んだ事があるかもしれません。

そのような記事をみたり噂を聞いたりすると「プロテインって気を付けて飲まなきゃいけないのかな?」と思われるかもしれませんね。

しかし、もちろんそんなことはありません。

よくよく調べてみると、プロテインは肝臓に悪いわけではないのです。

それなのになぜプロテインが肝臓に悪いといわれるのでしょうか。

そこで、今回の記事では、プロテインが肝臓に悪いとはいえない理由と、なぜ肝臓に悪いという噂が流れてしまったのか、ということについてご紹介します。

プロテインと肝臓の関係について

肝臓の働き

肝臓には、体内に入った栄養素を分解し、栄養成分を保存する「合成・代謝・保存」の役割があります。

また体内に取り入れてしまったアンモニアやアルコールなどの有害物質を変化させて無毒化する「解毒」の役割を担っています。

さらに脂肪を分解するために必要な「胆汁の分泌」の役割があります。

このように、肝臓という臓器一つで様々な機能を兼ね備えているため、人体の中でもとても重要度が高い臓器の一つとしてよく知られています。

これほどの高機能を持つ肝臓ですが「沈黙の臓器」といわれており、調子が悪くなっても気づきにくく、肝臓を患った時にはかなりの大病を患っていることが多いです。

そのため「プロテインを摂ると肝臓に悪くする」という噂を聞くと、恐怖感を感じる人が多いのです。

プロテインを摂った時の肝臓の働き

プロテインを飲むとプロテインの中のタンパク質成分が胃や腸で細かく分解され、最終的にはペプチドやアミノ酸という細かい分子になります。

アミノ酸は腸内から血液中に吸収されて、筋肉を修復し成長するための材料になるため、一度肝臓に運ばれて合成・代謝をされ、筋肉に運ばれてあなたの筋肉を育ててくれるのです。

そして、これらのタンパク質をアミノ酸に分解する過程で、有害物質のアンモニアが発生します。

アンモニアも肝臓に運ばれて、尿素などに変換されて無毒になります。

このようにプロテインを飲むと、肝臓が筋肉を作るために必要な合成と代謝を行い、さらに副産物として発生したアンモニアを解毒する事になります。

「プロテインが肝臓に悪い」といわれてしまう理由

肝臓が正常な状態ならば、上記で説明した作業をきちんと行ってくれます。

しかし、飲酒や疲労などで肝臓に負荷が掛かりすぎている場合は、解毒作用が弱くなり、身体にトラブルを引き起こす事があります。

このような状況だけを切り取って「プロテインは肝臓に悪い」と言う人がいます。

しかし肝臓に負担を強いるのは、プロテインという製品ではなく「タンパク質」である事を忘れてはいけません。
(海外の文献の「プロテイン」を訳さずにそのまま読んでしまうと誤解してしまう可能性が高まりますね)

タンパク質は炭水化物と脂肪に並ぶ、三大栄養素のひとつで、タンパク質はお肉や魚、大豆製品や乳製品に豊富に含まれる栄養素です。

つまり日常生活をしていても、タンパク質は大量に摂取されており、単に生活しているだけでも肝臓に負担をかけている事になります。

しかし、多少お肉や、魚、乳製品をちょっと多めにとったからといって健康被害を起こすということはあり得ませんよね。
(プロテインで摂取できる20g程度のタンパク質なら食品からでも十分に摂取可能な量です)

もし仮に「プロテイン」が肝臓に悪いとすれば、プロテインのサプリメントが体に悪いのではなく「タンパク質の過剰摂取」という事になります。

プロテインをまったく摂取しなくても、タンパク質が肝臓に負担を強いる状況が変わるわけではないのです。

つまり「プロテインを飲むから肝臓に負担がかかる」というロジックは成り立ちません。

そもそも日ごろからのタンパク質の摂取量が多すぎることや、飲酒などの負担を肝臓にかけ続けた結果、タンパク質の分解がうまくいかなくなる、というのが本当のところなのです。

まとめ

プロテインに大量のタンパク質が含まれている事から、「プロテイン=タンパク質」と混同してしまい、プロテインが肝臓に悪いと言う人がいます。

プロテインは食事やサプリなどから摂取する「タンパク質の一部に過ぎない」事を知っておきましょう。

そうすればプロテインが肝臓に悪いと、過剰に恐れる事もなくなるはずです。

もし、あなたがプロテインをちゃんと飲んでいるのに、ダイエットが上手くいかないと感じていたり、もっと減量を効率的に行いたいと感じているならば、飲むプロテインを変えてみると良いでしょう。

週に2,3回の運動よりも1週間の間で1日3回×7日、つまり35回も摂取する食事を見直した方が効果的に減量できるのは至極当然のことです。

特に女性にとっては、タンパク質だけでなく、ビタミンやコラーゲンなど様々な美容成分を摂りつつも摂取カロリーを抑える必要があります。

美ボディに必要なものを全てまかなう、ファスタナなら、良質な大豆タンパク質を摂れますし、ヒアルロン酸やCo-Q10、各種ビタミンなど、ダイエット・美容には欠かせない成分を含んでいるため、ダイエット中でも栄養不足になりません。

無理なダイエットをすると、体に必要な栄養が欠けてしまい、肌や髪・爪がボロボロになってしまいますが、ファスタナを摂ることで、キレイなまま減量をすることができます。

もし、 あなたが痩せようと思っていて、でも無理なダイエットは嫌だ、ということであればファスタナを試してみるべきです。

全額返金保証がついているので、美味しくなかったり、体に合わない、と感じればお金も損をしないので、ぜひ一度試してみると良いでしょう。

女性用プロテインならファスタナ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする