市営ジムと民間ジムを徹底比較!どちらがオススメ?

市営ジムと民間ジムどっちがあなたに合うのか?

今までジムに行ったことがない人が、これからジム通いを始めるときには、大きく2つの選択肢があります。

1つは自治体が運営している市営や区営のジム(○○スポーツセンターみたいな名前のものはだいたい公営ジムです)

もう一つはエニタイムフィットネスやゴールドジム、ティップネスをはじめとする、民営のスポーツジム。

ある程度、ジムに行きなれている人はどちらのジムが自分に合うかを判断できますが、これからジム通いを始めようとしている人、運動の習慣がない人にとってはどちらのジムがベストなのか判断ができないでしょう。

そこで、今回の記事では、市営ジムと民営ジムの違いを紹介し、どちらがあなたに合うジムなのかをお伝えできればと思っております。

それでは、さっそく比較してみましょう!

市営ジムの特徴

値段 200円~500円の間(基本的には利用のたびの都度払いです。自治体によりますが、だいたい300円くらいが一番多いです)
アクセス 少し駅から遠いところにあることが多い(ある程度の敷地が必要なことが多いため)
営業時間 9:00~20:00(私がかつて行っていた区営ジムは早朝7時台から夜の10時まで営業していました)
利用者層 お年寄りから主婦、様々な人が来る。
設備 最低限の筋トレができる設備~プール・スタジオまで(お金が潤沢にある自治体は豪華。そうじゃないところは最低限の設備)

公営ジムのメリットは、なんといっても「都度払いでいい」というところでしょう。

ちょっとお試しに1回300円で行くことができて、ひと通りの設備を使い倒すことができるので、初心者には特に使いやすいですね。

また、利用者層はどちらかというと、高齢者や主婦が多く、「ガチなトレーニー」はあまり多くありません。(トレーニングルームはその限りではないですが…)

よって、運動不足の人や運動音痴の人でも、悪目立ちしないので、気兼ねなくジム通いをすることができるでしょう。

デメリットとしては、スタッフが専門家ではないために、適切な指導を受けられないケースがあることです。

また、高齢者や主婦がメインのため、馴れ合いのような雰囲気があること、器具を長時間独占するような人が多いことでしょう。

民間ジムの特徴

値段 月額6000円~10000円くらい(ジムによりますが、基本は月払いです)
アクセス 駅から近いところにあることが多い。
営業時間 9:00~22:00(エニタイムフィットネスやジョイフィットなど24時間営業のジムもあります)
利用者層 サラリーマン、外国人が多い(高齢者や主婦は、コナミスポーツやティップネスなどには一定数います)
設備 最低限の筋トレができる設備~プール・スタジオまで(施設や運営会社により大きく異なります)

民間ジムのメリットは、駅から近くてアクセスが良いことや、営業時間が長いので、いろんなライフスタイルの人でも使いやすいことです。

また、月額払いのため、通えば通うほどお得になります。(コナミスポーツやティップネスなどは1か月で○回まで利用可能、みたいな感じですけど…)

熱心な人は1日に2回、3回通っても払うお金が変わらないので、ある程度運動することにコミットしている人には理想的な環境でしょう。

利用者層としては、月額払いになるハードルがあるために、しっかりと稼いでいる人や外国人が多いですね。

また、エニタイムフィットネスやジョイフィット、ゴールドジムなどの筋トレ・ランニングメインのジムでは、ダラダラと話し込む人は少なく、サッと来てトレーニングをこなしてサッと帰っていく人が多いです。

さらに、スタッフさんはある程度専門知識がある人が多いので、アドバイスや補助などのサポートもしっかりと受けられます。

デメリットとしては、月額払いのため通えない時期が続くと損してしまうことです。

また、ある程度「ガチな人」もいるので、初心者にはハードルが高く感じられることがあることでしょう。(特にエニタイムフィットネスやゴールドジムに多いです)

私の経験談

私が筋トレを始めた時は、とりあえずお金の面でハードルが低い横浜の市営ジムに通っていました。

当時住んでいた横浜の市営ジムは設備がしっかりしていてスタッフさんもある程度専門知識があるので、導入としては最高の環境だったと思います。

しかし、公営ジムは正直言ってあまり利用者層が良くなかったです。

長時間器具を独占使用する高齢者もいましたし、マナーの悪い人もいました。

さらには、ロッカールームで靴を盗まれたりしたので、思い切ってエニタイムフィットネスに契約しました。

エニタイムフィットネスやゴールドジムなどは、近所のジム以外でもどこでも使えますし、私と同じように、サッとトレーニングしてサッと帰っていく人が多いので、とても快適に利用できています。

ちなみに、私は朝型人間なので、6時7時の空いている時間帯に使えるのも気に入っています。

結論

これからジム通いを始めるというレベルなら、私なら迷わず公営ジムに行きます。

なぜなら、お金のハードルが低いことと、同じような初心者の人も多いので、運動不足の人や運動音痴の人でも悪目立ちしないからです。

公営ジムである程度基礎的な土台を作って、雰囲気が合えばそのまま公営ジムに通い続けますし、雰囲気が合わずある程度運動する習慣ができてしまえば民営ジムも選択肢に加えるといいでしょう。

いきなり自分を追い込むのも良いですが、ジム通いで最も重要なのは「継続できること」です。

継続するためには、追い込みすぎず無理しない範囲で通えるような環境を自分で設計したほうが良いです。

もし、これからジム通いを始める場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

それではまた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする