ビタミンCは地味ながらも万能で効果抜群のサプリメント!

ビタミンCを摂ってもマッチョになるわけでも痩せるわけでもない?

ビタミンCは美容や健康によい栄養素としてよく知られています。

今やどのサプリメントやドリンク、化粧水、プロテインなどにもビタミンCが配合されています。

これほどまでに、様々な健康食品などに含まれているビタミンCですが、ビタミンCを摂取するほど筋肉が増えるというわけではありません。

また、ビタミンCをたくさん摂取したからといってやせるわけでもありません。

素晴らしい栄養素であることは何となく知っていても、いまいちその効果や貢献度がわかりにくいのもビタミンCの特徴です。

しかし、ジム通いを続けて運動をするなら、絶対に摂るべき栄養素です。

そこで、今回の記事ではビタミンCの効果と、なぜトレーニングをする人にとって大切なのか、また摂取する際の注意点や飲むべきタイミングなどについてご紹介いたします。

トレーニングをする人がビタミンCを摂ると得られる4大メリット

トレーニングをする人ほどビタミンCを摂るべき、といわれていますが、実際にビタミンCにはどのような働きがあるのでしょうか。

ビタミンCのメリット①ケガ予防に役立つ!

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要なビタミンです。

コラーゲンが増えることで肌がぷるぷるになるというイメージがあるかもしれませんが、コラーゲンが存在しているのは肌だけではありません。

関節や軟骨にもコラーゲンが存在していて、関節や軟骨の状態をよく保つことは、運動パフォーマンスを向上させるために大切なことです。

筋トレやジョギングを続けると、関節にダメージが蓄積し、ある日突然ケガをしてしまうことがあります。

ビタミンCを摂ることで、間接的にも関節のダメージを抑えてくれるので、結果としてケガをしにくい体になるため、トレーニング効果をアップさせることができるでしょう。

ビタミンCのメリット②風邪をひきにくくなる

ビタミンCは白血球の増加にもかかわっていて免疫力を高めてくれます。

良く知られていることですが、白血球は体の免疫力を司る細胞であり、ビタミンCは白血球の活動を活発にする働きがあります。

白血球が活発になれば当然抵抗力がアップするため、風邪などの不調に悩まされることが減るでしょう。

トレーニングの大敵は怠惰によるサボりではなく、体の不調によりトレーニングで築いた体を失うことです。

ビタミンCはあなたをケガや病気から守ってくれる万能の栄養素なのです。

ビタミンCのメリット③激しいトレーニングに耐えられる体になる

ビタミンCには鉄分の吸収を助ける働きがあり、貧血の予防につながります。

貧血というと、がり勉タイプの青白い顔をした貧弱な人をイメージしますが、実は貧血はアスリートやダイエッターに多いのです。

激しい運動をすると衝撃で赤血球が壊れてしまうので、運動をする人ほど貧血に気をつける必要があります。

また、ダイエット中の方は運動量が多くなるうえに、肉などの鉄分が多い食品の摂取量が少なくなる傾向があるため、ダイエットをしている方も貧血に注意しなければなりません。

しかし、ビタミンCを摂ることで、赤血球の働きを強めて、鉄分の吸収を助けてくれるので、ハードなトレーニングにも耐えられるようになりますし、スタミナも向上します。

よって、ビタミンCを摂ることで、ハードな練習にも耐えられるために、結果としてパフォーマンスアップが期待できるのです。

ビタミンCのメリット④体の老化を遅らせる

ビタミンCの有名な作用としては、抗酸化作用が挙げられます。

ビタミンC自体が非常に参加しやすいために、活性酸素を吸着しやすく、結果として肌や血管の=老化を遅らせる働きが期待できます。

減量中は特に有酸素運動が多めになるため、体重の減少とともに肌がボロボロになったり、疲れやすくなります。

しかし、ビタミンCを摂ることで、抗酸化が期待できるため、キレイに痩せられるのです。

ビタミンCを効果的に摂取するには?

ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、キウイ、パセリ、赤ピーマン、芽キャベツ、ブロッコリーなどのフルーツや野菜です。

ビタミンCは水溶性ビタミンで水に溶けやすい性質があり、ゆでたり煮るなどする調理をするとゆで汁などに溶けてしまいます。

そのため、汁ごと摂れるスープにするか生で食べるとよいでしょう。

しかし、抗酸化作用が強い栄養素なので加熱すると壊れてしまうため、なるべく生で食べるようにするべきでしょう。

しかし、仕事や学業で忙しい人や、自炊が苦手で生野菜を食べるシーンが少ない人はサプリメントでビタミンCを摂ることをオススメします。

ビタミンCはどのサプリメントメーカーからも販売されているので、手軽に安く入手できるので、品質とコスパ重視で選ぶと良いでしょう。

ビタミンCを摂る時に気を付けることは?

サプリメントで手軽に摂れる上に、様々な効果が期待できるビタミンCですが、摂取の際はいろいろなことに気を付ける必要があります。

まず一つ目は、体にビタミンCを貯めることができないことです。

ビタミンCを一度に大量に摂取をしても吸収量を上回る分は、蓄積できず排泄されてしまうので、体に貯めることができず、結局は摂り続けなくてはいけません。

サプリメントで摂取をする場合、1日に1回大量に摂るよりも、少ない量をこまめに摂取した方が無駄なく吸収されます。

1粒1000mgのビタミンCが配合されているサプリメントがありますが、一度に1000mgも摂取しても多くが尿と一緒に排泄されます。

そのため、多くても100mg~500mgくらいを数回に分けて摂取するとよいでしょう。

二つ目は、先にも述べましたが、加熱や酸素に弱いことです。

ビタミンC自体の抗酸化作用が仇になって、すぐに酸化して劣化するために、新鮮な生野菜やフルーツから摂取するべきです。

また、サプリメントにしても、放置しておくと参加して劣化するために、早めに飲まなくてはいけないなど、ある意味「賞味期限」を気にしなくてはいけないのが注意点でしょう。

まとめ

ビタミンCは運動パフォーマンスを維持するためや健康維持のために摂取しておきたいビタミンです。

食品から摂取する場合は調理方法に気をつけて、サプリメントから摂取する場合は一度に摂取する量に気をつけてみてください。

もし、あなたが自炊が苦手で、新鮮な野菜やフルーツを摂る生活習慣が作るのが難しいなら、やはりサプリメントで摂取するべきです。

特にビタミンCはどのサプリメントメーカーから販売されており、品質が担保されているものも多いため、手軽かつ安心して摂取できます。

ネイチャーメイドやディアナチュラなど、ドラッグストアやアマゾンでも気軽に入手できるので、いろいろと比較してみた上で、コスパと品質が両立しているもの、気に入ったものを購入するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする