女性が最も鍛えるべき部分は背中!その理由とは?【くびれを作ろう!】

意外と忘れがちな後ろ姿

キレイな体になりたい!という願望を持って、ダイエットや筋トレに励む女性が最近増えています。

ダイエットに励む女性は、自身の体で気になる部分を何とかしたい、と感じてトレーニングに励んでいることでしょう。

例えば脚の太さやお腹周りが気になる人が多いため、脚トレや腹筋トレーニング、二の腕のトレーニングがとても女性に人気があります。

しかし、実は最も女性の見た目・印象を変えるのは背中の筋肉ということをあなたは知っていましたか?

背中には、あまり意識がいかない人が多いですが、実は背中を鍛えてキレイになると、いろいろなメリットがあるのです。

そこで、今回の記事ではなぜ女性が背中を鍛えるべきなのか、また背中を鍛えることの素晴らしさについてご紹介します。

背中を鍛えることのメリット

自分では見ることができないうえに、あまり意識することのない背中ですが、実は背中は他人にはよく見られている箇所の一つです。

猫背で姿勢が悪かったり、背中に脂肪がタプタプについていると、男性はもちろん女性からみてもだらしなくみえるものです。

とはいえ、あまり背中を鍛えることの実感がない人にとっては、なぜ背中を鍛える必要があるのかわかりにくいと思います。

そこで、背中を鍛えることによる大きな3つのメリットをご紹介します。

①くびれを作りやすくなる!

まず、女性が背中を鍛えることのメリットは、なんといっても「くびれ」を作りやすくなることです。

腰のくびれがあることで、女性らしいフォルムを強調できますし、いろんな服が似合うようになります。

「え?くびれを作るのはお腹周りの腹筋が大事なんじゃないの?」と思われたかもしれませんね。

もちろん、腹筋・お腹周りが引き締まっているとくびれはできやすいです。

しかし、実はお腹周りが細いだけでは理想的な「くびれ」はできません。

「くびれ」とは背中の上の部分(上背部)とヒップラインのギャップによって生まれるものです。

ただお腹周りが細いだけの体型は、上背部とヒップラインのギャップはできず、ただ上半身がすとーんとまっすぐに伸びていて下にお尻がある、フラスコのような体形になってしまうのです。(我ながらわかりづらい文章ですね…)

基本的には、人間は腰よりもお尻のほうが大きいので、下半身のくびれの条件は簡単にクリアーできます。

問題は、上背部と腰のコントラストがなかなか作れないことです。

上背部と腰のコントラストを作ることで、理想的な「くびれ」をつくることができます。

実際に、フィットネスモデルの方などは、ウエストが60センチ以上あるにもかかわらず、くびれがあるのは、上背部が大きいことでウエストとのコントラストがあるからなのです。

このように、背中を鍛えて広くすることで、腰とのコントラストができることで、女性らしいフォルムを身に着けることができるようになります。

②背筋が伸びて姿勢が良くなる

猫背で丸まっている背中と、ピンっとのびた背中では、当然後者の方が美しいですよね。

意外と自分では意識しないのですが、実は他人には後ろ姿はよく見られていますし、実際に服が似合うか似合わないかを左右するのが後ろ姿だったりするのです。

猫背で自信がなさげな人よりは、背筋が伸びて堂々としている人のほうがキレイに見えますし、自信があるように見えるのです。

背中を鍛えることで、脊柱起立筋という背中の中心をとおる筋肉が鍛えられるので、背筋が自然と伸びて美しくなります。

また、背中のトレーニングは背筋を伸ばしてキレイな体制で行わないとケガをする可能性が高いため、トレーニングをする過程で勝手に背筋が伸びてキレイになっていくのです。

③ダイエット効果が高い!

あまり、日本人には意識されていない部位である背中ですが、実は背中には人体においては実はかなり大きな筋肉が集まっています。

背中には、広背筋という上半身では大きな面積の筋肉がありますし、脊柱起立筋という姿勢を制御する、大事な筋肉があります。

大きな筋肉を鍛えることのメリットは、なんといっても基礎代謝が向上することです。

基礎代謝とは、普通に生きてて寝ているだけでも消費するカロリーのことで、基礎代謝が上がれば痩せやすく太りにくい体質に近づきます。

そして、基礎代謝を大きくする働きを持つのは人体においては筋肉だけであり、基礎代謝をあげるには、大きな筋肉を鍛えて消費カロリーを大きくすることが近道です。

つまり、背中を鍛えることは基礎代謝をあげることに直結し、結果として背中を鍛えることは減量効果が高くなるのです。

くびれを作る!背中の鍛えるトレーニング3選

ここまでこの記事を読んで「背中を鍛えるとキレイになれるのはわかったけど、普通の背筋運動以外でどんなことをやればいいのかわからない」と感じた人もいるでしょう。

また「男性のように筋肉でゴツゴツした背中ではなく、女性らしいしなやかな背中にしたい」と感じた人もいるでしょう。

では、どのようにトレーニングをすれば女性らしいきれいな後ろ姿を手に入れられるのでしょうか?

①まずは基礎トレーニング!

下記の動画で紹介しているトレーニングでは、いわゆる「背筋運動」ではあります。

しかし、広背筋や大殿筋など、普通の背筋運動では鍛えられないような上背部やお尻の筋肉も同時に鍛えれれるのでとてもオススメです。

自宅でもできますし、特別な器具もいらないので、まずは基礎体力を養う意味でこちらのトレーニングを取り入れると良いでしょう。

②ラットプルダウン

ここからは、ジムなどの専門的な器具がないとできないトレーニングになります。

というのも、器具なしで背中を鍛えるには、上記の背筋運動か懸垂くらいしかありません。

背筋運動は女性でも取り組みやすいですが、懸垂は男性でもできない人がいるくらい、強度の高い筋トレなのです。

そこで、背筋以上・懸垂未満の筋トレということで女性にオススメできるのが、どこのジムでも置いてあるラットプルマシンを使ったラットプルダウンです。


ラットプルダウンをやることで、広背筋という筋肉が鍛えられるため、上背部の背中の広がりができます。

上背部が広がると、腰とお尻とのコントラストができやすくなるので、簡単にくびれをつくることができます。

重さも自在に調整できるので、懸垂なんて絶対に無理!というレベルの筋力でも、簡単に取り組めるので、ジムに通っている人は積極的にラットプルダウンに取り組むと良いでしょう。

③マシンローイング(ダンベルローイング)

ここまでは、背中の広がりを作って「くびれ」を作ったり、基礎体力を養うトレーニングを紹介しました。

しかし、広がりを作るだけではなく背筋が「ピンっ」とのびたきれいな後ろ姿を作るのもまた重要です。

そういった意味では、背筋を伸ばすためのトレーニングとしてローイングというトレーニングが効果的です。

ローイングでは、「引く」動作によって脊柱起立筋のわきにある広背筋を鍛えられるため、背中の広がりだけではなく、背筋を伸ばす筋肉も鍛えられます。

これらの筋肉を鍛えることで、ピンっとのびたきれいな後ろ姿をてにいれることができるでしょう。

ローイングには、マシンで行うトレーニングと、ダンベルを使ったトレーニングがあります。

マシンローイング

ダンベルローイング

あまりフォームの習得が難しいトレーニングではないので、気に行った方を取り入れると良いでしょう。

まとめ

女性らしい、しなやかなフォルムを作る上で重要になるのは、背中を中心とする後ろ姿です。

適度な筋肉量をつけることで、スッキリとしたキレイな背中になるので、こうした日々の取り組みで印象が大きく変化します。

スッキリとしたキレイな背中になると、いろんな服が似合うようになりますし、どんなシーンでもキレイな自分でいられるでしょう。

また、背中を鍛えることはダイエット・減量にも効果的です。

軽視されがちな背中のトレーニングですが、実は他人から見ればあなたの印象を大きく左右する部位なので、しっかりと鍛えると良いでしょう。

もし、あなたがキレイになりたくて筋トレダイエットに励もうとしてるなら、ちょっと待ってください。

実は見直すべきはトレーニングではなく食事内容、ということを知っていましたか?

1週間に1時間×2,3回のトレーニングよりも、1週間に3回×7回の食事のほうが減量には大きな影響があります。

特に女性にとっては、タンパク質だけでなく、ビタミンやコラーゲンなど様々な美容成分を摂りつつも摂取カロリーを抑える必要があります。

美ボディに必要なものを全てまかなう、ファスタナなら、良質な大豆タンパク質を摂れますし、ヒアルロン酸やCo-Q10、各種ビタミンなど、ダイエット・美容には欠かせない成分を含んでいるため、ダイエット中でも栄養不足になりません。

無理なダイエットをすると、体に必要な栄養が欠けてしまい、肌や髪・爪がボロボロになってしまいますが、ファスタナを摂ることで、キレイなまま減量をすることができます。

もし、 あなたが痩せようと思っていて、でも無理なダイエットは嫌だ、ということであればファスタナを試してみるべきです。

全額返金保証がついているので、美味しくなかったり、体に合わない、と感じればお金も損をしないので、ぜひ一度試してみると良いでしょう。

女性用プロテインならファスタナ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする