実際に通ってみたジムレビュー!横浜西スポーツセンター編

横浜西スポーツセンターについて

横浜西スポーツセンターは横浜市西区が運営している公営ジムです。

公営ジムにしては設備が充実してキレイな施設なので、昼夜を問わず多くの人が訪れる、横浜でも人気のジムの一つです。

私もこのジムでジムデビューを果たし、3年間は通い続けた思い入れのあるジムです。

そこで、今回の記事では横浜西スポーツセンターの利用レビューをご紹介いたします。

横浜西スポーツセンターの基本情報

外観

マップ

住所 〒220-0072 神奈川県横浜市西区浅間町4丁目340−1
利用料金 トレーニング室:300円(2時間)

プール:300円(1時間)

駐車場:300円(2時間)

※3000円で11回通える割引券あり

※ポイントカードを貯めると3回無料で利用可能

定休日 毎月第3月曜日(祝日の場合は翌平日)

年末年始

利用時間 月曜~土曜…7:30~23:00

日曜 ・ 祝日…7:30~21:00

ホームページ:http://www.yspc.or.jp/nishi_sc_ysa/category/top/

場所は横浜駅の西口から20分ほど歩いたところにある住宅地の中にあります。

周辺には大きな商業施設はありませんが、周辺には大きな道路があるので、割と見つけやすいでしょう。


施設としてはとても大きく、ジムやプール以外にも、スタジオや会議室、アリーナなどもあるので、個人利用だけでなく団体利用の方も多いです。

利用者層としては、住宅地にある公営ジムということで、老若男女問わず様々な人が訪れます。

横浜西スポーツセンターの設備

基本設備

施設内容 メインアリーナ・サブアリーナ・研修室
トレーニング室・プール
シャワールーム 4(男女の更衣室で4ずつ)
更衣室 男女で分割
トイレ 各解に男子トイレ女子トイレがあります
ロッカー 貴重品ロッカーあり
冷水器 各階に1つ

ジムとアリーナ利用の更衣室は1階に、プール用の更衣室は2階にあります。

更衣室の中にはかぎを掛けられるロッカーとシャワールーム(4つずつ)があるので、更衣室は割と充実しています。

靴やタオル、ラケットやボールなどの貸し出しもあるので、着替えさえあれば手ぶらで利用することができるので、気軽に利用できるでしょう。

トレーニング設備

パワーラック 1
スミスマシン 1
ベンチプレス台 2
アジャスタブルベンチ 2
ダンベル 1kg~45kg(30kgまでは2つずつ)
ケーブルマシン 1
トレッドミル 6
エアロバイク 4
ウォーキングマシン 2
筋トレマシン 胸、脚、背中、肩、腹、各種あり
プール 25m×5コース
特記事項 ストレッチエリア、道場などあり

初心者向けから、ガチなトレーニー向けまで、様々なトレーニング器具が充実しています。

特にダンベルが45kgまでありますし、プレートの枚数も多いので、ガッツリと鍛えることができます。

フリーウェイトエリアも広いですし、トレッドミルの台数も多いです。

ただ、トレッドミルは30分までしか利用できないので、もしかしたら物足りなく感じることがあるかもしれません。

プールについては、25mのコースが5つあるので、割と広々と使えるでしょう。

実際に使ってみた所感

利用料金が安い!

なんといっても、ジム・プールの個人での利用料金が1回で300円と、とても安いです!

気軽にジムデビューをするにはとても素晴らしい料金設定でしょう。

また、3000円の回数券を買えば11回通えるので、1回あたりの利用料金は272円に割引になります。

また、ポイントカードを50ポイント貯めると無料券が3回分もらえるなど、コストパフォーマンスがとても高いジムといえるでしょう。

設備が充実している

公営ジムで1回の利用料が300円と安い割には、トレーニングルームやプールなどの設備が充実しています。

ジムはトレーニングマシン以外にも、腕立て伏せ用の器具や腹筋ローラーなどもありますし、冷水機もあるので、ドリンク代を浮かせることもできます。

ただ、更衣室は少々清潔感に欠ける箇所があるので、気になる人は気になるかもしれません。

スタッフさんは親切だけど…

初心者の利用が多い設備、ということもあってスタッフさんが常駐しています。

スタッフさんは対応が丁寧で親切なので、初心者の方にも使い方を優しく教えてくれますし、トレーニングの指導などもサービスで行ってくれます。

ただ、常連と話し込んでいることがあったり、マナーが悪い人への注意をしてくれなかったりと、スタッフさんによって質がバラバラなのはマイナスポイントでしょうか。

駅から遠い

ここはバッドポイントなのですが、なんといっても、駅から非常に遠いです。

横浜駅からは徒歩20分、相鉄線の平沼橋や天王町からは徒歩15分と、どの駅からも遠いのがデメリットです。

ただ、駐輪場や駐車場があるので、車や自転車でアクセスすればこれらの問題点は解決できるでしょう。

常に混んでいる

利用料金が安くて、住宅地にあるジムということで土日はもちろん平日日中でも混んでいます。

基本的には高齢者や主婦層が利用者の大半を占めますが、トレーニングルームはプロっぽいトレーニーやアスリートの姿も良く見かけます。

なので、時間帯によっては器具の順番待ちになるなど、思ったとおりのトレーニングができないことが多いです。

また、料金が多くて利用者が多いことでマナーが悪い人も良く見かけます。

器具を独占して使うような人がいたり、ロッカールームで盗難があったり、大人数で騒がしく使う人がいたりと、ストレスがたまることもあるでしょう。

総評

  • 設備★★★★
  • マナー★★★
  • 値段★★★★★

横浜西スポーツセンターは利用料金が安い割には設備が充実していますし、利用者へのフォローも充実しているなど、ジム初心者にはとても利用しやすいジムです。

ただ、常に混んでいることや、マナーが悪い人がいることで、トレーニングに集中できないこと、駅から遠いのはバッドポイントでしょうか。

上記のデメリットに目をつぶれるのであれば、充実したジム通いができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする